EDの症状と原因、症例ごと解説

「EDの症状とはどのようなものか」友達は恥ずかしがりながら、私に質問をしたことがあります。EDになった、もしくはEDになったかもしれないと何かのきっかけで疑って相談をする男性は多いです。

もし、自分が今EDなのかもしれないと少しでも不安に思っている人は恥ずかしいことではないので専門の医師に相談することをおすすめします。

それでも「他人に言うのは恥ずかしいから」と思う人は、一度自分自身でEDの可能性があるかどうかをチェックするといいでしょう。(セルフチェックをする。)

今回説明するEDの症状と自分の現状を照らし合わせることで、EDの原因を掴めるかもしれないです。

EDの症状と原因

EDの症状は一言で『勃起不全』、勃起機能が低下する症状です。
きちんと説明をするのであれば『セックスをする際に十分な勃起ができずセックスが上手にできない。』

本人の自覚なしに勃起が上手にできない、勃起する自信と充実感が少ない。(下記、EDの症例。)

① 性欲はあるけど、勃起しない
② 挿入時、ペニスが萎えてしまう(中折れしてしまう)
③ 勃起をしても硬くならない、勃起をするまで時間が掛かってしまう
④ 相手によって勃起する時としない時がある

① 「性欲はあるけど、勃起しない」

例えば、①の「性欲はあるけど、勃起しない」人は、心とカラダが合致しないEDの典型です。また、1人でオナニー(マスターベーション)ができてセックスは勃起できないことがあります。これはオナニーは1人でするからリラックスできて、セックスは相手がいるから緊張してしまう心因性のEDであると考えられます。

勃起に対するメンタルブロック、コンプレックスだけではなくEDの原因は上記のように様々あります。ここからは②から④まで、それぞれの症例を詳しく解説していきます。

② 「挿入時、ペニスが萎えてしまう(中折れしてしまう)」

ED(勃起不全)の中で最も多い症状がこの『中折れ』です。

セックス中に硬くなったペニスが萎えてしまって挿入ができなくなってしまう。お互い興奮状態で求め合っていた時に中折れすると自分も相手も冷めてしまいます。

今回だけだと思ったら次も中折れすると次第に相手の反応が怖くなり自分がEDであるかも
しれないと嫌悪感を持ちズルズルと症状を悪化させてしまう。これは『心因性』のEDです。

日ごろのストレスだけではなく睡眠不足、疲労、相手への気持ちなど心の状態も勃起不全の原因です。男性は男性としてのプライドがあるため自分がEDであることを認めたがらないですが、放っておいたままにすると精神的なストレスを溜めこんでしまう危険性があるので早期治療を心がける。まずは自分を見つめ直すことから始めましょう。

③ 「勃起をしても硬くならない、勃起をするまで時間が掛かってしまう」

勃起をするまで時間がかかる、硬くならない。どちらも『心因性』のEDの可能性があります。毎日の忙しさ、人間関係の緊張、重圧から加齢まで原因は多岐に渡り『勃起=血流の流れ』なのでもしかしたら血流が悪くなっていることが考えられます。

『中折れ』の項と同じ話をすると、あなたは自分自身のことをどこまでわかっているでしょうか。体型一つ取り上げても肥満体型で、脂肪が多いと血流が悪くなります。飲酒喫煙、暴飲暴食のクセがある人は血管が詰まって、血流が悪くなります。しかし、自分自身のことを考えすぎて却ってストレスになり身体のコンディションを崩すと本末転倒です。

朝立ちはご存知ですよね。朝立ちにはきちんと役割があります。(前記事”ペニスの構造”を参照。)しばらく様子を見て、数日朝立ちがなかった場合はストレスから生じるEDと考えてよいです。生活習慣病からくるEDの可能性もあるので、やはり自分自身を見直す必要があります。

④ 「相手によって勃起する時としない時がある」

例えば、既婚者は妻とのセックスの際に勃起しないことになります。
長い夫婦生活を過ごしている内に相手のことを異性、性的に見ることが難しくなり勃起しにくくなります。一人の女性としてではなく妻と意識してしまうと性的対象から外れてしまってセックスに消極的になり、セックスレスとなってしまいます。これは珍しい事例ではなく夫婦間でよくあることなのでEDと判断するのは微妙ですが、子どもを作るためのセックスをするとなれば男性は勃起しないといけないので解決しなければと思います。これも『心因性』のEDと考えられ夫婦とはいえ相手は異性という意識を忘れず、言い得て妙ですが、セックスだけは相手を女性として見る努力をする必要があると考えます。

EDのかんたんセルフチェック

最後に、セルフチェックをしましょう。以下、EDの可能性があると判断する材料を挙げました。自分自身、思い当たることがあればチェックをしていき5つ以上あるとEDの可能性が高まります。

  • 朝立ちしなくなった
  • どちらかといえば肥満
  • 血糖値が高い
  • 自転車に乗る
  • ストレスを抱えている
  • 喫煙はほぼ毎日
  • 飲酒はほぼ毎日
  • 外食が多い
  • 抗うつ薬を服用している