ウミヘビ

毒だけじゃない!「ウミヘビ」は薬になる

ウミヘビとは沖縄県や南部を中心に出没することが多い動物の一種で、基本的に海の中に生息していることが多いのが特徴です。

陸にはあまり出没することがないため、沖縄県に住んでいる場合でも見かけることがないケースもあります。しかしその一方で、昼から夜と時間帯に関係なく出没することが多いので注意が必要です。それだけでなく強い毒も持っているので、万が一噛まれてしまうと応急処置などが必要となります。

特にエラブウミヘビと呼ばれる品種は、海だけでなく陸にも出没することが多いので要注意です。なので沖縄県を夜に歩く場合には、ウミヘビに注意をしながら行動する必要があります。

ですが基本的に海中で住んでいることが多いため、海水浴をする時に意識をするとリスクを避けることも可能です。海の深い場所に生息していることが多いので、深くまで潜らなければ大丈夫です。

しかし万が一陸や海でウミヘビを見かけた時には、すぐに距離を取って離れた方が無難です。人間が噛まれると死んでしまうこともあるため、好奇心などを持って近づかないように注意が必要です。

これが沖縄県や南部地方などで出没するウミヘビの特徴で、強い毒性を持っていますが海中に生息している動物となります。

ウミヘビの期待出来る効果

強い毒を持つ海中動物として知られるウミヘビですが、日本ではウミヘビの期待出来る効果が得られる商品を販売しています。

ウミヘビエキス配合している健康食品として、サプリメントを製造しているのが特徴です。ビタミンAを豊富に含んでいる成分なので、視力や皮膚などを健康に保つ効果が得られます。

またビタミンD3やカルシウムも含んでおり、骨を丈夫にするおよび形成する効果も得られます。さらにマグネシウムやミネラルなども豊富に含んでいるため、健康増進において多くのメリットが得られます。脳を活性化させる効果も得られるので、認知症予防にも最適の成分となっています。

更年期障害や滋養強壮といったメリットも得られるため、年齢や性別に関係なく人気商品となっています。健康食品として、通販を利用してウミヘビエキスを配合したサプリメントを購入することが出来ます。

使用に至って処方箋も必要ないため、医師の承諾を得る必要もないです。健康増進において、色んなメリットが得られることがウミヘビエキスの最大の魅力です。使用における副作用などもほとんどないので、適量を守れば安心して服用および使用することが出来る商品として人気を集めています。

摂取出来る食品等

健康食品やサプリメントとして活用することが出来るウミヘビですが、次にウミヘビの摂取出来る食品等を紹介します。

食用としても沖縄県で重宝されているウミヘビは、イラブーと呼ばれる食材として人気があります。

燻製にすることも出来るウミヘビですが、沖縄県ではイラブー酒やイラブーそばなどを作っています。沖縄県の人気料理としても注目されており、具材の一品としてウミヘビを使用していることが特徴です。

ウミヘビの味についてですが、スッポンに似た濃厚な味を楽しむことが出来るのが魅力です。都心や北海道などでは見かけることはありませんが、沖縄県では食べ物として人気です。

食品として楽しむ理由については、ウミヘビが持つ健康増進が重要なポイントとなっています。カルシウムやビタミンなどの成分を多く含んでいるため、沖縄県では昔から燻製や干物にして食べています。

さらにウミヘビをお酒に漬ける飲み物もあるため、色んな食べ方が出来るのも魅力です。むしろ沖縄県民にとっては、日常的に食べる機会が多い食材としても人気があります。確かに強い毒を持つ海中動物ですが、その一方でイラブーそばや燻製などにして沖縄県では食べることの多い食材でもあります。