ヒハツ

ヒハツのもたらす作用が、男性独特のコンプレックス解消に役立つと話題です。心身に悩みを抱える多くの男性を魅了しているヒハツとは、コショウ科のツル性木質植物です。
コショウと同じようにスパイスとして活用されていますが、最近は男性向け健康食品の有効成分としても大人気です。

元々沖縄ではお馴染みのハーブで、様々な効果をもたらすことから国内でもどんどん知名度が高くなりました。沖縄の男性は長生きすることで有名ですが、見た目もとても若いことで共通しています。髪がふさふさしていて、顔色も良く、冷えとは無縁の様子をしている男性が目立ちます。

もちろん沖縄の温暖な気候も影響していますが、もう1つ役立っているのがヒハツパワーと言い伝えられています。

ヒハツは血行促進効果に優れ、現在、毛細血管を増やす作用についても研究が進められています。ヒハツを使った郷土料理が多い沖縄の男性が長寿で若々しい外見を保っていることからも、ヒハツの効能には信ぴょう性があります。

事実、ヒハツの成分を分析した結果、有効成分のピペリンの効果で体温を上昇させ、毛細血管を拡張することが分かりました。金沢医科大学病院の赤澤医師も、ピペリンの作用で衰えた血管が回復するとテレビ番組で認めています。

ヒハツの期待出来る効果

ヒハツの期待できる効果は男性に嬉しいものが少なくありませんが、その1つは肩こりの解消です。強いプレッシャーの中働く男性は身体が冷えていることが多く、血流が常に滞っている状態です。

ヒハツから摂取できるピペリンは体温を上昇させ、毛細血管を拡張する効果が認められているので、血行不良による肩こりにも有効です。
皮膚の隅々まで血液が行き渡るようになるので、頭皮の血行も改善し、育毛効果も期待できます。肩こりも薄毛も男性が抱える代表的なコンプレックスなので、ヒハツに魅了される男性が多いのも納得です。

血行促進効果や育毛効果は唐辛子から抽出されるカプサイシンにも期待できます。ただ、カプサイシンは発汗作用が強く、汗かきの男性にはあまり向いていません。
さらに、胃に対する負担も強く刺激的な成分なので、胃など消化器官に自信のない男性にも不向きです。

その点、ヒハツに含まれるピペリンはカプサイシンのように大量に汗をかくこともなく、胃痛を起こすほど刺激もありません。
適度に摂取する分には、普通の調味料やスパイスと同じように内臓に負担をかけることがありません。摂取しやすいので、継続して活用することができます。

脂肪の燃焼パワーも強くなるので、ダイエット中の男性にもぴったりです。

ヒハツの摂取出来る食品等

ヒハツの有効成分、ピペリンはヒハツの他、胡椒からも補うことができます。ただし、ヒハツにしても胡椒にしても、大量に摂取するものではありません。
ピペリンの健康効果を享受したい時は、ピペリンを凝縮した健康食材やサプリメント、お茶などを利用しましょう。

健康食品に加え、普段の食事でも積極的に胡椒を使った料理を食べるようにすれば、さらに効果的です。

テレビ番組でも放送され、一躍人気の成分として注目されるようになったため、現在様々なメーカーがペパリンのサプリメントを販売しています。
1ヶ月分で1,000円前後のサプリも多く、気軽に取り入れやすくなっています。ペパリンを含むヒハツ茶も飲みやすいと評判です。

また、普段の食事でも温かいスープやお味噌汁に胡椒を少量振りかけると、もっと素早く体温を上げることができるので試してみて下さい。
黒胡椒入りのインスタント味噌汁、スープも続々と登場しています。パスタやラーメンなど胡椒と相性が良い献立はたくさんあるので、マイ胡椒の瓶を持ち歩くのもおすすめです。

沖縄料理のお店に行けば、本物のヒハツを使ったお料理を味わうことができますし、ヒハツ入りのお酒も通好みの味でファンが大勢います。