L-シトルリン(L- citrulline)

L-シトルリン(L- citrulline)は精力剤の中で多くのペニス増大系のサプリメントに、含まれる成分で日本で見つかった成分になり、スイカから発見された成分でそのため、シトルリンという名称はスイカの学名(Citrullus vulgaris)からつけられております。

シトルリンはアミノ酸を多く含んでおり、【スーパーアミノ酸】なんて呼ばれ方もしております。
タンパク質と結合しない為、【遊離アミノ酸】に分類され、元は医薬品成分として多くの薬品に使われてきましたが、2007年に医薬品リストから外され、非医薬品に分類されるようになり、健康食品・サプリメント等に使用され、手軽に摂取可能となりました。

海外では日本より前に、シトルリンをサプリメントとして利用しており、アスリート向けにのサプリメントに用いられる程の人気の有効成分となっております。

ちなみに、L-シトルリンだけでペニスを増大させるのは不可能です、大きくなったと感じる方が多いと言われているL-シトルリンですが、増大というより勃起不全(ED)のような不完全だった勃起が100%勃起するようになるだけです。

効果の期待出来るもの

・疲労回復
・体力増強
・筋肉増強
・血流改善
・精力増強
・冷え症改善
・疲労回復

シトルリンを多く含む食品・食材

最も多い食品だと冒頭でも説明した通り、スイカに多く含まれており、特に野生のスイカに多く含まれているようです。

特に原種である、スイカのカリハリ砂漠のスイカに多く含まれているようで、冬瓜、メロン、キュウリ、へちまなど、にがうり、ウリ科の植物に多く含まれているようです。

食品に含まれるシトルリン量

食品名 シトルリン800mg相当の目安 シトルリン量 (100gあたり)
スイカ 1/7コ 180mg
メロン 1.3コ 50mg
冬瓜 3.8コ 18mg
きゅうり 56.5本 9.6mg
にがうり 24.2本 16mg
ヘチマ 7.7本 57mg
クコの実 2.3kg 34mg
にんにく 290コ 3.9mg

1日の摂取量

大きな目安としては1日、800mg以上あれば血中の一酸化窒素濃度に大分違いがでるといわれますが、それ以上摂って飛躍的に一酸化窒素濃度が上がっていくということでもないようです。
個人さがあり、むしろ多く摂取しても、必要のない分は自身の尿とともに排出されてしまうので、どれくらいが上限なのかは不明です。

ちなみに、シトルリンを摂取するのであれば、シトルリンと一緒にアルギニンを摂ったほうが一酸化窒素濃度が高くなり、効果が高まるというデータもある様です。
また、シトルリンや抗酸化物(ビタミンCやEなど)を一緒に摂取すると効果的だという研究結果もあります。

1日に大量に摂取するのではなく、毎日少しずつ摂取し、他の成分と一緒に摂取すると良いと言われています。

気になる副作用

元は医薬品成分だったもので、安全だと言えますので健康食品で手軽に摂取できる位になったので、シトルリンに副作用は無いのですが、過剰摂取・アレルギーをお持ちである方は注意しましょう。

ただし、シトルリン血症の病気を患ってる方は摂取を控えてください。
通常の人が普通に摂る分には全く問題ないようですが、簡潔にいうと「血中シトルリン濃度が上昇した状態」の事を指し、シトルリンというものは肝機能悪化による、尿素回路代謝異常によっておこってしまいます。
アンモニアを尿素に変える過程で異常をきたししまい、アンモニア量が血中で増加してしまい、精神症状、肝不全、けいれんなど多数の症状を引き起こしてしまう場合があり、多くの報告はなく、安全と呼ばれておりますが、シトルリン血症の方は注意が必要です。

また、降圧剤を服用してる方は摂取しない用にしてください、血管を拡張する事で血圧が下がる可能性があり、、血管に持病などがある方は十分に医師に相談したうえで摂取を検討ください。